yuichi nanase's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS D.C.V マスターアップ宣言&サクラサクLIVE(祝福)

<<   作成日時 : 2012/03/29 03:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 2012.3.27(FEB)


 11月の製作発表から早いもんでもう5か月だ
 長い長いと思っていたFC通販の方も、3月25日で終了した


 リリースまで、残りひと月
 みんな予約は済ませたか? もしまだ予約してないってヤツがいるんなら、早めに澄ませておくことを奨めとく

 何しろ今回は宣伝が半端じゃない
 そこそこ長くFCをやってきた俺の眼から見ても「気でも狂ったか?!」と思わんばかりの宣伝ぶり。ここまですごいと潔さすら感じる。D.C.Uの時だってこんなに宣伝はしなかったと思うな


 そんなD.C.Vだが・・・つい先日の3月28日に行われた「マスターアップ宣言&サクラサクLIVE(祝福)」にて、遂にマスターアップ完了の旨が伝えられた

 今回はそのレポートを綴ろう。情報は鮮度が大事と立夏さん仰せのとおりです
 このレポート。書き始めこそ昨日の夜だが、完成がいつになるかは全く見えない。・・・が、なるべく早く完成させるよ。えぇさせますとも



 そんで最初に注意書きしとくんだけど、冗談抜きで長くなるから覚悟しとくように

 活字印刷だけの読み物が苦手なヤツがいたら引き返すことをオススメする。んで、ニコニコ動画で当日のタイムシフト予約でも見ておくんだ。予約してない?それは知らん






 今回会場となったのは、AKIBAカルチャーズZONE 5Fの、「グッドスマイル×カラオケの鉄人カフェ」

 カラオケっつうと複数の部屋からなる店舗が頭に浮かぶんだが、ここは大きな部屋が一つと、テーブルが複数。どちらかと言うとバーのような印象を受ける

 そして店舗内にはその名の通り、グッスマからリリースされているフィギアが展示されている


 まだ開演前の会場には多分ニコ動でも流れたであろう歴代D.C.シリーズの映像と、組曲。 開演までのしばらくの時間を過ごすには十分すぎる演出

 その組曲も、三森すずこさんと寺川愛美さんの唄う『shiny steps!!』(多分)、そしてyozuca*さんの唄う『ダ・カーポIII 〜キミにささげる あいのマホウ〜』が流れたところで終了。ここからが本番だ


 まずは助走

 ダ・カーポOPムービー、『ダ・カーポ〜第2ボタンの誓い〜』
 ダ・カーポUOPムービー、『ダ・カーポU〜あさきゆめみしきみと〜』

 順に流れたところで生アテレコ、立夏・さら・葵による寸劇が展開


 どうやら新聞部に一枚のCDが送られてきたらしい

 中には大量のデータが入っていたが、その中の音楽データをオープンしてみると・・・






 yozuca*さんによるライブがスタート。『ダ・カーポV〜キミにささげるあいのマホウ〜』


 初お披露目はカードゲームライブの時だと思うから、これで二回目かな?
 この間ニコ動の方のコメントには「桜の女神」というコメントが多数流れたという

 ライブが終了したところで、主要キャストのうちの三人、新田恵海さん、桜咲千依さん、海保絵果さん

 そして団長が入場

 今回司会進行を担当するのは新人声優にしてダ・カーポ初心者・滑川恭子さんでございやす


 アテレコは初っ端から言い間違えたけど、そこは生でアテレコやってんのよ的な雰囲気を出すようにしたのさ

 という理由で納得させておく


 ここで団長よりマスターアップしました宣言

 オォォォォ!

 というざわめきが聴こえてくるようだな


 マスターアップって何それおいしいのという方のために一応説明

 マスターアップとは?
  PCで作ったデータを一旦ディスクに焼いた物
  これを工場に入庫することで、商品版が量産される
  コピー原盤が完成したヤツってことね


 団長の手にそのマスターディスクが。ででーんって効果音とか流れそうだな

 マスターディスクをコピーしたものが製品版として俺たちの手に渡るワケだが
 ここでそのディスクを生産する、株式会社DPSの下田芳裕社長の登場

 団長とは旧知の仲らしく、独立したばかりの団長に対し「場所がなかったらウチでやっちゃえばいいよ!」などと言い出す始末
 他にもプライベートではバンドをやったり一緒にアメリカ行ったり。とにかく仲がいいことはよく分かった

 なんやかやあったけど、団長から社長へと納品式。マスターアップしても納品しないで発売延期したりするところもあるらしいから、決めるところは決めるってことか。さすがだ団長



 せっかくだから、俺はこの赤い扉を選ぶぜということで、工場で実際に生産される様を写真で用意してきてくれたらしい。早速見てみた


 これは・・・直近で発売されたD.C.V応援BOXの中身だな

 ディスク作成から外箱立ち上げまで、人の手を経て大量生産されている様を見せつけられた

 んで、俺らのよく知ってるあのマークのシールを貼るわけだがこれも手作業
 まっすぐ貼らないと大変なことになる。端的に言うとダメになる。手先の器用な人に任せたい仕事だな

 最後にシュリンクトンネルにくぐらせてパッケージして完成なんだが、陳列された状態でタイトルを見せる側にシワが来ないようになど、細かいところで苦労しているようだ

 見えないところには注意を払う。見えるところには細心の注意を払う。これ鉄則

 しかしこうして見ていると社会科見学に行ったかのような気分になるな。関東自動車工場を思い出した


 尚、ニコ動のコメントには「落とすな」「割るな」とのコメント多数

 大丈夫。万一割ったりしてもオリジナルのデータはキッチリ残ってるから。割らないと思うけど






 DPS社長が退場したところで、現在東京MXにて流れているD.C.VのCMが

 まずは立夏、さら、葵の順。もう観たという人も多いんじゃあないかな



 マスターアップ宣言も中盤へ。立夏、さら、葵による寸劇その2が展開

 どうやら杉並の策略により、公式新聞部のメンバーの私生活が白日の下に晒されようとしているらしい

 立夏はこれを逆手に取って新聞部を宣伝するチャンスだと言い切ったのであった――――完






 ――――ウソです

 寸劇はここで終わりだけど、イベントはまだ続くよ


 ニコ動には岸夫さん愛してるというコメントが流れたりするが、イベント自体は滞りなく進んでおります

 今度は実際にプレーしてみようというコーナー。題して、「新しいダ・カーポはここがワクワク」。なお、本日岸夫さんは出席しておりませんのであしからず


 まずはさらっと序盤

 9年目にしてやっとこさ搭載した新システム・アニメーション。ADVは基本文章を読むゲームなので、こういった演出を入れてくるのは面白い

 なおアスペクト比が16:9になっているのをいいことに、これまで入れることの出来ない人数を同時に表示出来るようになった
 キャラの立ち絵を使った演出も非常に凝ったものとなっている。具体的には、キャラ同士の距離感とか、他のキャラのセリフに反応して別のキャラの表情が変わるところとか


 オプションも充実している
 筆頭に挙げられるのはシナリオ進行のオート・ウェイト。そして特筆すべきは巻き戻り機能

 今までの作品にも、読み飛ばしてしまったセリフをログで遡ってもう一度聞くということはできたが、遡った先のセリフからもう一度シナリオを再出発させるという芸当はできなかった。シャルル役の宮崎羽衣さんは風呂場でゲームをするようだが、この機能があったらいいのにとずっと思っていたようだ

 よかったね羽衣さん。これでゆっくりお風呂に浸かりながら楽しむことができるぞ。ただ、ゲームを風呂場に持ち込む時はジップロックを二重三重に重ねて保護した方がいいと思うな


 その他のオプションは――

 サウンド、セリフ、BGMの音量調整
 既読スキップ
 文字表示速度
 セリフ・サウンド・BGM・画面効果のON/OFF切り替え
 画面サイズのWin/Fullの切り替え
 フルスクリーン設定の切り替え(中心・比拡大・最大)
 システムボイスの設定。なんと杉並まで用意されている。女子ユーザーも満足の仕様だな


 ――などなど、充実したオプション群である

 どっかのデス様みたいにBGMのステレオ/モノラルの切り替えだけなんてことはございません


 ちなみに誤解の無いよう言っておくと、俺は超魔王ことデスクリムゾンが嫌いなワケではないので。あしからず


 シナリオ上のボイスをキャラごとにON/OFF切り替えできるが、それぞれのキャラでOFFにするとそれなりの反応が返ってくるのも面白い

 またセリフ欄の左に、今喋っているキャラの顔が表示されるようになりより分かりやすくなる

 シナリオによっては顔を突っ伏してるようなシチュもあり、そんな時は表示されなかったり

 シャルルのセリフには絵文字が挿入されてるらしいが、詳しくは確認できなかった。ここはニコ生を視ていた人の方が詳しそうだ


 体験版でも葵の「あと三十年…」のセリフと、その後の4人のセリフ「長いわ!」を聴くことができるが、ここはみんなで合わせて録ったものだそう

 基本ゲームの収録は一人で行うから、どんな掛け合いになってるのかは分からない。完成した作品を観たり聴いたりして、初めて分かることなのだ

 なお羽衣さんは、収録の間各キャラの描かれたヴァンg――――ヴァイスシュバルツのカードを並べて、それぞれの表情を想像しつつ収録に臨んだらしい




 おっと。ここでその羽衣さんが演じたシャルルと主人公・清隆の場面が

 何やらシャルルは遠回りな言い回しをしているが、要約すると「寒いから一緒に寝てほしい」だ、そうだ


 「清隆寝やがった。許さん」

 「うらやまけしからん」


 ニコ生視聴中の皆様より怒りの声が


 どこがどう違うのかさっぱり分からんが、舞い散る桜も一から作り直したらしいぞ

 また、前作と同じ場所の背景もあったりするが、そこも全て描き直したんだとか


 ダ・カーポシリーズのファンは年齢層がかなり広くて、FC初期の頃からのファンもいれば、13歳15歳くらいのファンもいる。 ヴァイスのカードから入ったなんて人も

 そうした人たちがVから入っても楽しめるような出来に仕上がっているらしい。期待できる






 ここでさっき放送されなかったCMが

 シャルル、姫乃のバージョン。そしてヴァイスシュバルツトライアルデッキのCM

 姫乃のCMだけ妙にアニメーション率が高かった気がするが、多分気のせい



 ここまで観させられると発売日が待ち遠しくてたまらんって人もいるんじゃあなかろうか

 司会の滑川さんもご多分に漏れず待ちわびているらしく、「発売日早めてもらえませんか」と団長に懇願

 さしもの団長でもそれはできないが、ただ発売日まで待つワケじゃあない。今回は攻めます


 つい先日発売されたばかりの、『D.C.Vスーパープレリュード』!

 ただの体験版付き雑誌かと思えどさにあらず

 今までオープンされてきた情報と新たに公開された情報がいい具合に混ざっており、特典にはヴァイスシュバルツのPRカード『新聞部 シャルル&さら』!
 ダメ押しに、鷹乃ゆき先生描き下ろしの『瑠川さら』B2特大(けしからん)ポスターもついてくる!

 肝心の体験版の方もラノベ一冊分程度のボリュームがあり、普通に読み進めていれば2,3時間程
 これで値段が¥1,050はちょっと安売りしすぎじゃあないか?


 サーカスの攻めはまだ続く

 ただ今キャラバン編成をして全国行脚の旅に出ているワケだが、その今後の予定を公開

 3.31(SAT) 大阪。ソフマップ日本橋2号店 ゲストは瑠川さら役の桜咲千依さん
 4.1(SUN)名古屋。グッドウィルEDM ゲストは同じく桜咲千依さん

 4.7(SAT)徳島。南海BOOKS2号店 ゲストは陽ノ下葵役、海保絵果さん。ぽえりんとでも呼んでくれ
 4.8(SUN)福岡。ゲーマーズ博多店 こちらもゲストは海保絵果さんだ


 キャラバンとは別でに巡業も開催決定。こっちは少数部隊

 4.14(SAT) 大阪
 4.15(SUN) 名古屋
 4/21・22(SAT・SUN) 東京


 D.C.Uの時と同じように、D.C.カフェも開催予定。近場の人は行ってみるといい


 D.C.Vの情報番組として、HiBiKi RADIO STATIONにて風見学園新聞部を放送中。パーソナリティは毎回交代だが、新田さんだけはこれまでフル出場。ガールズトーク満載のラジオになっているので聴いてみるといい

 なお3月29日現在更新分の回はかなりカオスな放送になっているので、必聴







 ここまで情報が開示されたりすると、どこで買おうかとか悩む人も出てくるだろうさ

 「悩む必要などない。全ての店舗で買えばいいのだ」

 とか言い出す強者がいるかも知れんが、世の中そんなヤツらばかりじゃあない。そーいう無党派票が最後に買う決定打となるのが店舗特典だわな


 @ソフマップ10大特典

 ベッドシーツカバー、ドラマCD、A3お風呂ポスター、ミニタペストリー、ミニ色紙、オリジナルコースター5種

 AAmazone特典:立夏とシャルルがゴニョニョなドラマCD

 かなりえっちぃ内容なので期待していいとのこと
 他店特典の影に隠れて見送られがちだが、これはダークホースの予感が

 Bアニメイト限定セット特典

 描き下ろし痛マウス&立夏のオーバーニーソックス(左足) 
 「何で片足だけなんスか!?」という問い合わせはメイトまでよろしく頼む

 Cゲーマーズ

 芳乃シャルル 描き下ろしB2タペストリー

 Dメロンブックス

 陽ノ下葵 描き下ろしハードポスター

 Eげっちゅ屋(ゲインズ)

 葛木姫乃 描き下ろし抱き枕

 Fクレスト

 瑠川さら 描き下ろしテレホンカード
 このクレストって店舗なんだが、実は東海地方にしかない。通販でも頼めることを考慮に入れなければ、ここの特典は実質東海地方限定と言える
 数も他に比べれば少ないだろうから、貴重な初回特典になるだろうねぇ

 Gトレーダー

 瑠川さら 描き下ろしB2タペストリー

 Hシーガル

 瑠川さら 描き下ろしテレホンカード

 Iジーストア(&WonderGOO

 陽ノ下葵 描き下ろしB2タペストリー

 J楽天ブックス

 陽ノ下葵 描き下ろしテレホンカード

 KサーカスFC通販

 陽之下葵 描き下ろしパッケージ&抱き枕
 テレカこそ描き下ろしではないが、パッケージと抱き枕が特別仕様。けしからん

 ここまで準備運動
 次は問題のメディオよ


 Lメディオ

 森園立夏 描き下ろしテレホンカード

 「・・・これR指定作品ですか?」 「いいえ、全年齢版です」

 色のついた状態の物がちょろっと出たが、けしからんどころのハナシではない。立夏役の新田恵海さんが完成したイラストを見て発狂したという
 メディオは毎回こんな感じの指定を送ってくるみたいだが、過去どんな特典だったか今一度見てみようか・・・


 描き下ろし特典が付くのは以上13店舗。多分サーカス史上前代未聞の数だ

 この他にもゲーム内CGを用いたテレホンカードを特典にしている店舗を以下に列挙

 ビスコ お宝中古市場 アールエックス コムロード あみあみ
パソコンショップアリス ファミーズ メディアランド 萌人通販




 以上、合計22店舗だ。さぁどこで買う?

 どれを選ぶかはお前次第。自分の信じた道を進んでくれ



 団長はサーカス社屋のある蓮田市で理事長もやってたりするんだが、なんとその蓮田市商工会議所の飯野健三会長がお出ましだ

 会長と聞くとどこか取っつきにくそうな感があるが彼はレベルが違った。後にサーカスとサーカスユーザーの間で語り継がれることになるであろう「ザ・ターボ」の単語を生み出した張本人。ニコ生でのコメントっぷりから、どうやらあの生放送で人心を一気に掌握したようだ

 「鷲宮神社にばっかり行かないでさ」

 とか

 「宇都宮線をアニメ線にしようか」

 など、その発言には驚かされる。団長は土地が安いという理由と、光(ファイバー)さえ入っていればどこだって同じさという意見で蓮田市に社屋を構えるに至ったみたいだが、理事長も兼業してる辺りどうやらそればっかりじゃあなさそうだ

 そうそう、何で蓮田市の会長にお越しいただいたのかと言うと

 来る4月7日に蓮田市でさくら祭が今年も開催されるから、そのPRなんだとか。もち、サーカスは今年も出展するぞ。当日はyozuca*さんが出演したりもするみたいだから、気になる人は行くといい






 冒頭でのyozuca*さんライブに続き、今度はEDを担当するCooRie・rinoさんのライブだ

 今回歌われる楽曲は、「All is love for you」


 “ありったけの愛をあなたに”と、和訳した

 “キミにささげるあいのマホウ”といい、今回のダ・カーポ主題歌はタイトルにストレートな愛情表現があるねぇ


 曲調は初代の『Dream〜the ally of〜』や『Spring has come』とは違い、アップテンポが心地よい

 今作のダ・カーポはあらゆる意味で違う印象を受けてきたが、主題歌もまた然り



 長いことやってきたが楽しい時間は早いもんで、イベントも終了の時間が近づいてきた。記事打ち込むのはワケが違うけどな


 ここで今回の主役全員が檀上に。改めて紹介しようか


 森園立夏役、新田恵海さん
 芳乃シャルル役、宮崎羽衣さん
 葛木姫乃役、佐々木未来さん
 瑠川さら役、桜咲千依さん
 陽ノ下葵役、海保絵果さん

 OP主題歌担当、yozuca*さん
 ED担当、CooRie/rinoさん

 サーカス代表、tororo団長


 出演者の皆様より、簡単な感想を頂いた


 海保絵果:
 「自分がダ・カーポを知ったのは2003年のTVアニメ。当時小学生だった自分が、まさかこの作品に出演することになるとは思いませんでした。感無量です」

 桜咲千依:
 「どこで予約しようかものすごく迷うけど、自分が演じたキャラの特典で選ぼうかと思います」

 宮崎羽衣:
 「D.C.Vは、作品を通して重要な転換期を迎える作品になるんだと思う」

 佐々木未来:
 「ニコ動視聴者も3万人を超えて、いよいよ始まるんだなって思った。これからも勢いが高まっていくと思うので、みんなでドキドキしようと思います」

 新田恵海:
 「アイドル役だって聞いたのでどーしたもんかと思いましたが、残念な部分とかも色々知って、今では大切な自分の一部。長く愛されますように」

 rino:
 「『世界を変えるチカラになる』の言葉通り、ダ・カーポには大きな愛が中心にあると、胸を張って言える作品です」

 yozuca*:
 「冒頭でウタわせていただきましたけど、途中から視たという人はまだ聴けていない方が多いと思うので、そーいう人達も含めて一人でも多くの人に聴いてもらえたらなと思います」


 そして団長

 「2012年はダ・カーポ10周年。だからこれ着てきた」

 そこで初めて知ったんだが、団長が着ているのは特別性のシャツ。しっかり「10th Anniversary」の文字も


 そう。先述したとおりだが、ダ・カーポは今年で10周年を迎える

 一作品の寿命が短いギャルゲ業界において、一つの作品をここまで長く作り続ける会社というのはそうはない

 ――――サーカスの場合、ダ・カーポ以外の作品が割と不発に終わったりすることもあるが、この際そのことについては忘れよう――――


 その10周年という節目を迎えるに辺り、ここで重大発表。その1


 なんと、渋谷パルコでダ・カーポVの展示会をやるぞ。俺が「気でも狂ったか」と思った理由はこれだ。パルコで一体何をしようというのか


 4.20(SAT)〜4.27(FRI)
 「D.C.〜ダ・カーポ〜」10周年記念 十年史博物館

 4.28(SAT)〜5.6(SUN)
 リアル謎解きゲーム!!〜風見学園新聞部入部試験〜



 なるほど。ちょっと前に六本木で行われたドラクエ展みたいなのをダ・カーポでやろうって魂胆か

 しかしそこはギャルゲーと国民的RPG。開催期間は展示会も含めて2週間ほど。向こうは六本木ヒルズで開催した時は10月8日から12月4日まで。およそ二か月。認知度の差を見せつけられた感がしないでもないが、ギャルゲー界の今までの境遇を鑑みると実に革新的であると言える

 リンクを貼っとこう → ココ

 そんでもって重大発表その2

 イラスト投稿サイトtinamiにて、発売前夜祭を開催中!


 期間中、イラスト部門とファンレター部門で作品を募集

 見事入賞した場合、イラストは上記展示会にて実際に作品が展示され、ファンレターはそのキャラクターからの返事が届くらしい


 俺が今回、いつも以上にレポートの筆が早い理由はこれだよ!

 とっととレポート書き上げて、イラストの方に向かわんとな。手紙はどうするか分からんけど


 こちらもリンクを貼っとく → ココ







 サーカスFCは18歳以上でないと入会できないんだが、通販だけ利用できるライト版としてサービスを開始する予定だそうな
 そしてオンライン初音島とかクラブサーカスとか、現在展開しているネットワーク系のサービスを一旦統合して、一つのコンテンツにしたいらしい

 全ては一つの目的のために

 分かるな?
 11月の発表会の時に団長が語ったあの言葉だ



 ダ・カーポで幸せな毎日を



 もう有限会社ダ・カーポでいいんじゃないかという冗談まで思いついてしまう始末


 だがそれでいい。もうこの作品の作り方はサーカスでしかできないことだとすら思う


 新しい作品が産まれないと業界全体が活性化しない、ひいては業界の衰退化を招いてしまう危険性もはらむ

 だが目新しい作品でも、それが地雷では――KOTY的には豊作であるが――意味がない

 だったら、どんなにエグい曲芸商法だと言われようとも、俺たちユーザーの意見を事細かに反映してくれる作品を作ってくれた方が、ファン的には幸せなんじゃあないか。 最近俺はそう思うようになった



 さて・・・・・・イベントもいよいよ終演だ


 最後にD.C.Vの、おそらく初公開だと思われるアニメーションの映像が流れる

 アニメーションのOPなんてD.C.P.S.以来久々じゃあないか。これは一見の価値アリよ



 いろいろあったマスターアップ宣言

 記事も過去類を見ないほどの長さになったけど、ここまで読んで頂いたことを感謝します

 そんでもって、ここまで読んだそこのアナタがどっかで一つ、D.C.Vを買って行ってくれれば、ここまで長々と記事を書いた甲斐もあったってモンだ


 んじゃま次回、またどこかで


 In this game, I hope we get used to happy everyone!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
D.C.V マスターアップ宣言&サクラサクLIVE(祝福) yuichi nanase's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる