yuichi nanase's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS SONGS FROM age LIVE3 〜かがやく時空(とき)が消えぬ間に〜

<<   作成日時 : 2007/12/22 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月16日(日)

 こんばんわ。ななせです
 「こんばんわ。担当です」

 ……いやぁ。すばらしかったです
 「本当だよ。毎年のことかもしれないけど、感動させられるねぇ」
 僕に至っては感動ばかりしてもいられないんですがね。勉強も兼ねてあの場にいさせていただいているようなものなので
 「その点に関しては」
 ええこれも、存分に勉強させていただきました。パフォーマンスとか、歌う時の目線とか、視線であるとか、そういったものを
 「十分満足できたみたいやね」

 今回は12月14日に行われました『SONGS FROM âge LIVE3 〜かがやく時空(とき)が消えぬ間に〜』のライブレポートをお送りいたします
 「残念なことに来られなかったという方も、これを読んで、会場の雰囲気が少しでも伝わってくれればいいなと思っとります」
 それでは――「どうぞ」

◇ ◆ ◇ ◆ ◇


12月14日(金)

 「……来たね!」
 来ましたよ、『横浜BLITS』!
 「今回で三年目だったっけ?BLITSでライブを開催するのは」
 そうですね。 2005年の『真・君のぞらじお』、2006年の『divergence』、そして今回の『かがやく時空が消えぬ間に』。三回目の年末のBLITS開催です
 さて今回の出演者でございますが、以前の日記にて記した内容とは若干違ったようなので、今回改めて出演者リストとして記させていただきます

栗林みな実
CooRie/rino
橋本みゆき
美郷あき
影山ヒロノブ
遠藤正明
きただにひろし
奥井雅美

〜 〜 〜 〜 〜


 「前回、前々回と物販では色々な人ががんばってたらしいね」
 『真・君のぞらじお』ではカレンダーを購入した方を対象に抽選を行い、当選した方は手渡し会へ参加することが出来たのです。前回の『divergence』の時もなんかしらの手渡し会だったような
 「サービス精神のよろしいことで」
 アージュ、引いては斉藤Kさんですから

〜 〜 〜 〜 〜


 「んで、今回は?」
 ご紹介しましょう

 購入金額2500円以上で――
 栗林みな実さんの直筆サイン入り『君が望む永遠〜Latest Edithion〜』の告知ポスター
 購入金額5000以上で――
 出演者全員の直筆サイン色紙

 なお、一度の会計ではどちらか一方のみのお渡しとなります。ポスターと色紙の両方ご希望の方は、申し訳ございませんが再度待機列へとお並びいただき、会計を二度に分けていただきますよう、よろしくお願いいたします
 ――と、書いてありました

 「ななせ君はどちらを?」
 両方はさすがに資金的にきつかったので、色紙だけ頂きました

画像


 「これかい?」
 そうです。左上から順に――

 きただにひろし、影山ヒロノブ、遠藤正明、栗林みな実、奥井雅美、CooRie/rino、美郷あき、橋本みゆき

 ――の、順ですな
 「そうそうたるメンバー……」

〜 〜 〜 〜 〜


 さぁっ、長々とした前置きはここまで。参りましょうか
 「そうですな」



SONGS FROM âge THE LIVE3
〜かがやく時空が消えぬ間に〜


 『君のぞらじお』を半年近く聴いていないため、ラジオネタが出てきたらどうしようかと正直不安ですが、そんな不安をよそに始まりました
 年末アージュライブ第三弾、今年も去年と同じく、二階の指定席よりお送りしています。開園まで若干時間がありますが、その間スクリーンに流れているのは――

 ゲーム・君が望む永遠、TVアニメ・君が望む永遠、君が望む永遠〜Next Season〜、マブラヴ オルタネイティブ、マブラヴ オルタード フェイブル、マブラヴ トータルイクリプス

 ――の、映像でございます
 開場よりおよそ一時間ほど、いよいよ開演!今回もやはりトップバッターは――


○栗林みな実


 来たっ!
 アージュを代表するシンガーが一柱、ミナミッティーこと栗林みな実さんです!
 「わ、真っ白」
 一昨年が真っ赤なサンタ衣装だったのに対し、今年は真っ白なサンタ衣装でのご登場
 「肌が白いもんだから余計に似合ってるねぇ」
 さぁ出だし一発目の曲は――

 
01.Precious Memories


 物販でレジ付近にいた時にリハーサルで歌っていたのが聴こえておりました。TVアニメ「君が望む永遠」のOPです
 「これええよね、好きよ自分」
 実はみな実さん自身、初のアニメタイアップ曲だったりします。デビュー曲とも言えますかね
 「スタートからすっ飛ばしてる感じやね。見てみ、一階スタンディングの盛り上がりっぷり」
 ライブですから。まずは勢いを作らんとなりませんです!

 さて二曲目は――

 
02.Next Season


 これは12月21日発売となるOVA・『君が望む永遠〜Next Season〜』の主題歌ですね。まぁつまり、新曲です
 「その『Next Season』について説明をしていただきましょう」
 説明しましょう。TVアニメが水月EDでシナリオが作られていたのに対し、こちらは遙EDを主軸にして作られたアニメです。一口に『遙シナリオ』だと思っていただければよろしいかと

 「先の『Precious Memorise』とはまた違った雰囲気の曲だね」
 『Presious Memorise』が、純粋な恋の気持ちを歌っているのだとしたらこちらは、やがてぶつかるであろう、もしくはぶつかっている壁を、二人で乗り越えていこう――という気持ちを歌った歌なのではないかと思われます
 「『Next Season』に相応しい歌なわけだ」
 曲は四つ打ちのアップテンポ、入り込みやすい歌ですね。ステージで歌うのは今回が初ではないでしょうか?
 「みな実さん、すっごい楽しそうに歌ってますな」
 楽しいんでしょうよ実際! このパフォーマンスも参考にしなければ……!

 二曲歌い終わって、次の方をご案内。二番手は……CooRieことrinoさん!
 「ななせ君が世界で一番応援してるシンガーソングライターでしたっけ?」
 ……誰からそんなことを聞いたのですか?
 「秘密」

 rinoさんを案内してひとまずみな実さんは退場か――
 と、思いきや

○CooRie & 栗林みな実


 二人によるデュエット!
 「この二人で歌うのはいつ以来なの?」
 去年のアコースティックライブVol.2ですかね。その時はみな実さんの『人魚姫』を二人で歌った……のかな? なんせ僕は参加できなったので


03.君が望む永遠-ツインヴォーカルVer'-


 rinoさんが、『rino』という名前になる以前に歌った歌、ゲーム『君が望む永遠』のEDでございます
 歌そのものはもう一つバージョンがありまして、そちらはrinoさんのカバーアルバム・『木漏れ日カレンダー』に収録されています
 「EDらしく、やんわりした曲調やね」
 しかも今回はみな実さんとのツイン。貴重な一曲を聴かせていただきました……!

 楽屋話なんかを交えてちょっと雑談。今回女子は女子で全員同じ楽屋だったらしいですが、中々に話もはずんだそうな

 「カラオケなんか行くと近いところに載ってるよね?」 by みな実
 「よくしゃべったね〜」 by rino

 ほほう。女三人でかしましいと書きますが、その比ではなさそうですw
 では改めて――

○CooRie/rino


 もうプチ君のぞファミリーが定着してきたrinoさんですが、今回も年末ライブに参加!âgeさんとのコラボもこれからどんどん増えていくことでしょう!
 「……2008年」
 え?
 「いや、今rinoさんが今年を『2008年』と言ったもんだから……すぐに訂正したけれど」
 あや。『よずりの』時のようなrinoさんぶりを発揮しておりますなw

 「今年2008年……あれ?2007年だっけ?」 by rino


04.想い出に変わるまで


 こちらは新曲
 『君が望む永遠〜Latest Edition〜』の挿入歌となっています。従来のrinoさんらしい、バラード調ばっちりな歌ですね。やっぱrinoさんにはバラードやポップが似合います
 「この歌聴いてるとさ、なんか『テレサ・テン』をイメージするよ」
 あ。それは思うかも。――そんな雰囲気の曲

05.リトル・モア


 ヴォーカルアルバム・『divergence』に収録されていますこの一曲
 ポップでキュート、そんな言葉が相応しい歌
 来年1月23日リリースの三枚目ニューアルバム・『旋律のフレア』にも収録予定!

 みな実さんとのデュエットを含めて三曲を歌い終わり、続いてのアーティストさんをステージへ!


○橋本みゆき


 グレーと黒の柄の衣装に身を包んで登場! ラジオとステージに波乱と混乱を巻き起こす、元祖・お姉系歌姫――
 「その解釈はいささかヒドく聞こえるような」
 や、みゆきさんがラジオの代理パーソナリティ担当したり、イチコーナーを担当したり、はたまたゲストとして出演した時の会話からのイメージだったのですが
 「そんな時はこの一言でいいのです」
 ほう
 「『ふざけ組』、と」
 そっちのほうがヒドく聞こえません……?

〜 〜 〜 〜 〜


 橋本みゆきさん、1月23日に新曲リリース決定!テレビアニメのタイアップを担当します!
 「かなり大人な連絡やねぇ」
 アーティストですから。こういうでかい場でこそ宣伝宣伝! んでわ橋本みゆきさんのこの一曲――
 
06.Astraea


 分かりやすいアップテンポ曲。去年を思い出します……!
 みゆきさん=エアボーカルという印象が定着したような、しないような。去年末のイベントでも出演時にエアボーカルを披露したとか、しないとかw
 「エアボーカル?」
 簡単に言えば口パクのことです。しかも自分の歌でw
 去年、みな実さんがアルバム制作で一ヶ月間ラジオを休んでいた時、代理パーソナリティとしてラジオに出演していたのですが、その最後の出番のラストでついに、エアボーカルから普通のボーカルへと変化したのです
 それがこの、『Astraea』。ラジオのEDに一時的に使用された楽曲でございますw
 「……そんな紹介の仕方でええんかなぁ」
 分からない人がいたらどーしよね?w

〜 〜 〜 〜 〜


 さぁ橋本みゆきさんがステージを退場。続いてバンド演奏と共に現れたのは――

○美郷あき


 美郷あきさん!
 まずはこの一曲

07.傷は化石にならないけれど


 ヴォーカルアルバム・『divergence』に収録されています
 あきさんの楽曲の中でもっともタイトルが長いであろう曲。斉藤Kさんも『君のぞらじお・旧アージュニュースの時間の時間』にて、美郷あきさんがゲストでやってきた日には大ヒューチャーしておりますな!
 「タイトルの長さじゃあB'zさんには敵わへんよ」
 あれはまた別格ですって!
 とまれ、あきさんの『傷は化石にならないけれど』。間を挟むことなく次の曲へ――

08.calling


 同じく、『divergence』に収録された楽曲。『傷は〜』に比べるとこちらは物悲しい、一言で表すならば『哀』!そんな単語が一番似合うんじゃないかと思うような、切ない曲です
 今回の組み合わせは先の橋本みゆきさん同様、去年と同じですね。お二人はアージュ関連の作品に関わり始めてまだ日が浅いので、そんなに楽曲が揃っていないのです

 ――と。ここでみゆき姫が再登場。またまた楽屋話がこぼれます

 「よく食べてたね〜」 by あき
 「や、まぁ、よく食べてるのは私なんですけどねw」 by みゆき

 TLPVol.1メンバーでご飯を食べに行った時にも、一人バクバク平らげていたというみゆき嬢。今回楽屋に用意されていたお弁当もバッチリ平らげました!
 さて曲へ参りましょうか!初の試みです――

○橋本みゆき & 美郷あき with栗林みな実


 今回はココが違う!
 みな実さんの楽曲を、みゆきさんとあきさんの二人で歌います!これもまた珍しい!

09.I will


 〜あなたに届けよう この想い今すぐに♪〜

 ――のフレーズから始まる、あの歌です!
 初の挑戦であるためか、やはり緊張気味の二人。が、リハーサルを何度も繰り返してきただけに息はピッタリ、割り振りもバッチシ! またまた貴重な一曲を聴かせていただいたところで、再びこの方が登場

○栗林みな実


 「今度は真っ黒だ」
 衣装を着替えてのご登場ですね
 さきほどが真っ白だったのに対し、こんどは黒一色の衣装。気分はまさしくブラック・サンタ!
 「好きだねその単語」
 ブラック・サンタの言いだしっぺは自分だと堅く信じております
 「信じても」

10.divergence


 ヴォーカルアルバムタイトル曲・『divergence』です!
 歌い終わり、ここでバンドメンバーの方々を紹介。一年の感想を聞いていきます。実は今回、Kさんではなく、みな実さんが司会を務めているんですよね。これもまた珍しいと言えますでしょう

 みな実:「一年間どうでしたか?」

 イチカワさん(ドラム):
 「おいしいものがいっぱい食べられました」
 みな実さんの「何が一番おいしかったですか?」という質問に対しては――
 「全て、おいしかったですw」

 マリさん(キーボード):
 「もー、一年間忙しかった。ツアーの時が一番印象強かったかな」
 そして今回グラサンをしていた理由は――
 「実はものもらいが出来てしまいまして……あまりに見苦しいため、これをw」

 タキタさん(ベース):
 「記憶にございませんw」
 みな実さんとの会話中に――
 「今日着てる服、実はツアーの時と同じなんですよw」

 イイヅカさん:
 「このたびは郵政民営化に伴い(中略)うちの近くの郵便局もキレイになりましたよ」
 タキタさんの着てる服にツッコミを――
 「あの服、みな実ちゃんに買ってもらった奴なんスよw」

 バンドメンバーの方々も、各々一年間を過ごされたようです
 「みんな忙しいなりに楽しんでやってるんだよ」
 楽しくないとやっていけないですよ、この業界は特に

 さぁ! 次は新曲――

11.かがやく時空が消えぬ間に


 本日14日発売、金曜日リリースという珍しいシングル
 『だってMUV-LUVなんだもん』
 『MUV-LUV』と書いて、『大好き』と、読みます
 より、収録されているc/w曲――今回のライブタイトルにもなっていますね。『かがやく時空が消えぬ間に』
 スローテンポの曲で、なんとなく『桜の花が咲く前に』を思い出しますな! そんな雰囲気の曲です!

 さて、次は――
 ブラックアウトするステージ
 バンド演奏にあわせて登場するのは――

○奥井雅美


 奥井雅美さん!
 女子ファンも結構多いこのお方、ボンテージなどを身にまとっておりますがっ!
 「ぎ……銀髪っすよ!?あの人!」
 カツラに決まってるでしょ!奥井さんはもともと黒い髪なんですから!
 イメージは『トータルイクリプス』に登場するキャラクターの、お姉ちゃんのほうらしいです!名前はちと思い出せませなんだですが!

12.紫音-sion-


 『divergence』に収録されている一曲、紫音-sion-です!
 「奥井さんの楽曲の中でもなかなかに珍しい曲なんじゃないですかね?これは」
 ロックなイメージがありますからね

 ここから二曲、通して歌います!

13.TOTAL ECLIPS


 やはりこんなイメージがよく似合ってますね、奥井さんは!
 「今回のボンテージ衣装ともかなりマッチしていますよ」
 『トータルイクリプス』のED曲として使用されているこの『TOTAL ECLIPS』。かなりロックな感じです!メロなんか聴いてるだけだと

 自分にも歌えるキーかな?

 なんてことを考えてしまいますが、サビに入ったらもうそんなのは夢ですよw 高いのなんのって! すっごくノレる曲ですよ、これは!
 「なんとなくさ、アレに似てると思わん?」
 なんです?
 「『Linkin Park』の『WITH YOU…』に」
 まぁ、言われてみれば


14.INSANITY


 こちらはOP。去年のライブ・『divergence』では奥井さんのステージでトップで歌われた曲ですね。ロック度合いで『TOTAL ECLIPS』に負けておりません!
 「ところで思ったんだけど、アルバムと、曲と、ライブのタイトルで『divergence』の名前が使われてるもんだから、なんかややこしいね」
 言わんで下さい!

 さて。奥井さんは一旦退場
 続いて登場するのは、栗林みな実!
 次のステージは二人によるデュエットなのですが、どうやら奥井さんは直前まで忘れていた模様w
 次の歌に入るまで若干の時間があるので、ここ数日の二人の話が出てきました

奥井:
「一緒に衣装探しに行ったんよね」

みな実:
「私がドン・キホーテの紙袋持ってたら、『みな実ちゃん、それはどうなの〜』とか言って、紙袋くれたんだよ」

二人の絆を感じます……!


○奥井雅美 & 栗林みな実


 奥井さんの『マスク』でも歌うのかなと思いましたが――

15.遥かなる地球の歌


 マブラヴEDですね
 本家楽曲もハモリが重要な曲です
 去年は一人で歌っていたためハモリは無かったですが、今回は二人。リハーサルを繰り返しやったのでしょうハモリもバッチシ!

 いよいよライブも佳境へと近づきつつあります!
 ここからは歌三連続。まず一人目!

○きただにひろし


 男JAMが一人、きただにひろし!通称ダニー!

16.覚醒〜Brave mind〜


 マブラヴオルタネイティブでは影山ヒロノブさんと遠藤正明さんの歌があるのに、なぜ、きただにひろしさんだけ無いのか!
 というわけでか知りませんが、アルバム・『Name』に収録!正直キー高くて歌える自身はありませんw!

○影山ヒロノブ


 間髪入れずに影山ヒロノブさん登場!
 歌うは、翼!

17.翼


 「影山さんっぽい、っていうのがよく分かる歌だよね」
 ここまで人から来る歌の印象が強い人もすごいです。ちなみにこのレベルのキーならば自分でも歌えそうですね!
 「聞かれても」

 さあここまで駆け足でやってきています!続いて登場するのは――

○遠藤正明


 遠藤のアニキです!
 「確かななせ君とは」
 はい、誕生日が一緒なのです。そのわけもあってJAMメンバーの中で最も好きな人なんですよ
 「遠藤さんの名前を知らない人でも、『勇者王誕生!』と聞けば分かる人もいるんじゃないかな」
 超有名タイトルですね。さて、その遠藤さんが今回歌うのもやはり――

18.Cary On


 カラオケ配信を熱望された末、去年ついに配信が決定した楽曲!自分も大好きですよこの歌は! 静かな始まりとは対照的な後半、熱い歌ですね!
 
 ここで男JAMの三人が再登場!

○きただにろし・影山ヒロノブ・遠藤正明


 きただにさんはなぜか司会者のようなキャラへと変わり、影山さんはなぜか自分たちを『シブがき隊』と命名したりするなど、男JAMならではの爆裂っぷりを発揮w!

 18時半から開演したこのライブもついに終演へのカウントダウンを開始したようです!

LAST 19.未来への咆哮


 マブラヴでJAMならば、当然この歌でしょう。誰もが納得できる歌ですな!カラオケで歌われる際には是非とも三人集めて、パート分けして、歌ってください!
 「その展開は去年もやったような」
 いいんです!二番煎じだとしても! 

 JAM三人による熱き魂の歌が響き渡る横浜BLITS! ……書いてて自分で『何書いてんだろ』とか思ってしまいますが気にしない! 盛大なる拍手の中一人、また一人と退場していきます……!

 ――んで、ここでやはり終わらないのがライブというもの。言うが速いかアンコール開始!

 応えます、応えて見せます大合唱!(?)

○きただにひろし・影山ヒロノブ・遠藤正明・奥井雅美・栗林みな実


 今回は松本梨香さんと福山芳樹さんが欠席のため、メンバー五人によるJAMを急遽結成!
 「五人?」
 上のメンバーリストをよく見てください
 「……。あっ!」
 みな実さんが入っているのです。命名、『松林梨香実』!
 「すっごい名前」
 実際には観客の一人が『栗林梨香』と言い出したのをキッカケに、みな実さんが考え出した名前なんですけどねw

アンコール 20.Name〜君の名は〜


 みな実さんを特別メンバーとして迎えたJAM Project。そのアンコールに応えるべく歌うのはアルバム・『Name』のタイトル曲、『Name〜君の名は〜』!

 純粋に松本梨香さんのパートをみな実さんが歌うのではなく、今回のライブのためだけに割り振られたパートを、それぞれが熱唱します!
 ちなみに先ほどの『未来への咆哮』も、本来CDに収録されているのとは違うパートわけで歌われていました!これぞ魂!

 熱い声援と拍手に包まれてアーティストさん達が退場していきます!
 ――と、去年はこれで終わりでした。ですが今年は……

 「アンコール!」
 うわっ 担当もですか!
 「だって見てみ。ステージのあの部分がまだ光ってる」
 分かっていますってば
 なんとなく分かるんですよね。もう終わりか、まだ終わらないか、の、その違いが。宴はまだ終わりません。三度バンドメンバー、そして出演者全員がステージへ!今度こそ本当のラストへ向かってスパートをかけます!

○オールキャスト


大団円 21.マブラヴ


 全員による『マブラヴ』!
 パート割り振りもライブバージョン!


* * * * *

(栗林みな実)
心がゆれ動くたび
街も人も言葉も
違う色になる

(美郷あき)
会えないだけで切ない
迷いの時の中で
いつも呼んでいた

(橋本みゆき)
気づいてる?夜の涙
ため息と孤独
ねえ 連れ出してすぐに

(全員)
あなたの瞳が映し出す未来
ふたりの出会いに意味があるのなら
今 同じ夢を
見つめたいの 鍵をあげる
心の扉開けて


(きただにひろしメイン・JAM Project)
失うことが怖くて
気持ち隠し続けて
ひとり悩んでた

(影山ヒロノブメイン・JAM Project)
醒めない夢をさまよい
いつも心ゆれてた
懐かしい痛み

(rino)
強くなる 近づきたい
大切な人に
そう 生まれ変わるから

(遠藤正明、奥井雅美メイン・全員)
ふたりの想いが作り出す世界
本当の気持ちを見つめる勇気を
今 抱きしめたい
優しくなる 感じあえる
翼を今広げて


(栗林みな実)
あなたの勇気が切り開く未来
ふたりの想いが見つけ出す希望

(全員)
今 信じあえる
あきらめない 心かさね
永遠を抱きしめて

* * * * *


 ……担当。何男泣きに泣いてんですか
 「…………っ!」

 この日最高の声援と拍手に包まれて、出演者の方々が退場していきます……!
 時間にしておよそ三時間。過ぎてみればあっという間の三時間でしたが、いよいよもって終演。また来年も、この横浜BLITSに来たいものです……!
 以上、『SONGS FROM âge LIVE3〜かがやく時空が消えぬ間に〜』のレポートでした!

◇ ◆ ◇ ◆ ◇


 ……はい!
 「いかがだったでしょうか?」

 このライブが終了した後、実は『君が望む永遠〜Next Season〜』、第一話の先行上映があったのですが、時間が押していたのでそれは観ずに、一足先にBLITSを後にしたんですよ
 「だけど帰りの電車の時間とか、後々考えてみたら、観ても観なくても変わんなかったんだよね?」
 そうですね(汗) ですから、『どうせ変わらんのなら観ておけばよかったな』と。電車の中で後悔していたワケです
 「そのうえ、その上映会にて実は二階席にみな実さんやrinoさん達が観に来ていたという話を後で知ったもんだから」
 ……ますます後悔したワケです。りのさんの日記を見て初めて知った事実。次からは多分同じミスはしないでしょう。だって時間的にあんま変わらんということが分かったし
 「というより、新幹線で来るようにすればいいんじゃないかな?」
 ! ……たまにはいいことを言う
 「なんだね。たまには、というのは」
 んじゃまあ今回のレポートはこの辺でおいとましましょうか
 このレポートを見てくださっている皆様方へ。長文最後まで見ていただき、ありがとうございました。またこんな機会があればレポート形式で掲載していくと思いますので、よろしくお願いいたします
 「それでわ」
 また次回、お会いしましょう

〜END〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SONGS FROM age LIVE3 〜かがやく時空(とき)が消えぬ間に〜 yuichi nanase's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる